注目の記事 PICK UP!

五代目市川團十郎とはどんな人?

サイト管理者の「テラ」と申します。成田を隅々まで熟知している、今は昔のイケメン青年です!(笑)

何度も成田に遊びに行きたくなる、そんな成田の魅力を発信したく、サイトを作りました!成田の魅力をここから発信して行きますよ~。

成田の観光名称や美味しい食べ物・お土産品、成田空港がある街ならではの遊び方など、盛りだくさんです。皆さんが知っている成田から、地元の人でも知らない隠れスポットまで教えちゃいます。

初めての方やトランジットの方、何度も成田に行ったよと言う方でも、また遊びに行きたくなる、そんな情報がワンサカあります。(ただし、開設したばかりのサイトですので、今はまだ情報量はちょっとです。スミマセン。)末長くお付き合いくださいませ。

五代目市川團十郎の人生

五代目市川團十郎は、寛保元年(1741年)8月に生まれました。初舞台は、宝暦4年の1月です。中村座で松本幸蔵という名で、デビューしました。

その年の11月、父の幸四郎が四代目市川團十郎を襲名したことで、三代目松本幸四郎受け継ぎました。その後の明和7年(1770年)11月の中村座で、五代目市川團十郎を襲名したものです。時に30歳でした。

五代目市川團十郎は、成田山不動明王だけではなく、他の不動明王をも数多く演じていました。五代目市川團十郎は、不動明王にとてもこだわりがあったのです。

その理由は、今まで歴代の市川團十郎がやらなかった、新しい芸を取り入れて批判を受けたり、彼の芸風に苦情が寄せられたりしてことに由来します。

そのために、何事にも動揺しない不動の心から、不動明王を信仰したと言われています。

五代目市川團十郎は、悪徳や敵役を得意としており一方で、娘から老女の女役、農民など様々な役柄を演じたことで、今までの市川團十郎の中では、幅広い芸を演じた人物です。

このため、天明8年(1788年)の評判書で、日本の役者のトップと評価されています。

五代目市川團十郎は、寛政8年11月の都座での興行を最後に引退するわけですが、溯ること5年前の寛政3年11月に息子の海老蔵に六代目市川團十郎を襲名させていました。

その時に五代目市川團十郎は、鰕蔵と改名していました。成田山は、先祖からの守り神と告げています。

その5年間と言うものは、息子が六代目市川團十郎となったとは言え、江戸ではまだまだ大スターです。中々引退のきっかけがつかめませんでした。

引退後も何度か舞台に上がり、得意芸をつとめていましたが、享和2年(1802年)完全引退をしました。

そして、文化3年(1806年)に亡くなりました。

関連記事

  1. 初代市川團十郎と成田さんとの関係は?

  2. 中嶋常幸さんは成田の有名人!出身は?使用クラブは?

  3. ロッテ唐川侑己さんのプロフィールや出身高校は?

  4. 田中智美さんは成田の有名人そのプロフィール

  5. 初代市川團十郎と成田の関係とは?

  6. 成田発ロックバンドBESGのプロフィールや学歴(出身高校)は?

  7. 成田空港建設に寄与した成田ゆかりの人伊藤音次郎

  8. 二代目市川團十郎の名前は何?

  9. 市川海老蔵さんが市川團十郎の名跡を継ぎ十三代目となりました

CATEGORY

ピックアップ記事

  1. 北印旛沼と甚平衛渡しと甚平衛公園
  2. 成田山公園の紅葉が見頃です!

特集記事

最近の記事

  1. NARITA花火大会in印旛沼2019穴場情報
  2. 成田に白鳥がやって来た!?
  3. パークゴルフデビューしませんか?
  4. 成田山新勝寺の魅力と御利益
  5. 成田POPラン大会2019成田の町を走ろう!

人気記事ランキング

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP