注目の記事 PICK UP!

北印旛沼と甚平衛渡しと甚平衛公園

甚平衛公園に梅が咲きました!

今日の成田も暖かい南風の強風が吹き荒れました。そんな中でちょっと訪れた、甚平衛公園。梅が咲いていました。紅梅と白梅。今日は2月4日立春です!春が来た!春が来た~!です。(笑)

今夜からまた寒くなる様ですが、今日の1日はなんか、ほっこりしましたね。春本番になったら、甚平衛公園に遊びに行ってみませんか?

房総の魅力500選にも選ばれた景観地

四季折々の花と松林を楽しむことが出来る、甚平衛公園。春は菜の花、秋はコスモスのある花畑が絶景です。甚平衛公園は、昔・昔その昔、渡船場で、義民・佐倉惣五郎のために掟を破って船を出し、印旛沼に身を投じた渡しの守の名を取った公園です。

この公園は、県立印旛手賀沼自然公園の一部にあり、松の大木が松林となっており、悠々とした景観が望めます。この松の木は、1983年(昭和58年)5月に日本の名松100選に指定されています。

場所:成田市北須賀1254番地3他

交通:コミュニティバス運行 成田市役所~甚平衛渡し下車(北須賀ルート)降りてすぐ。

甚平衛渡しと甚平衛公園

直訴へと向かう佐倉惣五郎が通った渡しの跡地。渡しの名の由来は、掟を破って佐倉惣五郎のために対岸に送り届けたため、捕まってしまうより、自ら印旛沼に身を投げたとされる、仁侠の渡し、守甚平衛から来ています。

この印旛沼は、鯉や鮒、ブラックバスが数多く生息しており、釣り人にはたまらない場所です。

また、成田空港へのアクセスとして、成田スカイアクセス線が整備され、趣の景観と現代の技術がある景観が溶け合って融合した眺めは、ホッとしたひとときの時間です。特に、夕暮れの景観は、最高です!

房総の魅力500選とは?

房総の魅力500選は、1983年に千葉県の人口が500万人を突破したことを記念して、ふるさと再発見の考えのもと選ばれた名所、名物などです。

房総の魅力500選 ⇒ ここから見られます

 

 

関連記事

  1. 癒されたいなら三里塚記念公園に行ってみよう!

  2. 坂田ケ池総合公園

  3. 旧学習院初等科正堂のある景観

  4. 成田の遊べる公園景観スポット

  5. 成田の街に電車が走っていた!明治の成宗電車

CATEGORY

ピックアップ記事

  1. 北印旛沼と甚平衛渡しと甚平衛公園
  2. 成田山公園の紅葉が見頃です!

特集記事

最近の記事

  1. 成田の魅力成田大好き!
  2. 池田勇太さんは千葉県では無敵の実績だった!
  3. NARITA花火大会in印旛沼2019穴場情報
  4. 成田に白鳥がやって来た!?
  5. パークゴルフデビューしませんか?

人気記事ランキング

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP